17
December , 2017
Sunday


クセになる辛ウマ! 辣子鶏(ラーズーチー)

2013年7月13日(土)11時26分更新
Pocket


 建物の2階にあるが、入口は目立たず、外観もシンプル極まりない。失礼ながら、通りかかっただけではまず入るまい。しかし、立て看板が目に留まり、好奇心、いや、冒険心を掻き立てられて、スルーできなくなってしまった。四川料理はわかる。が、「中国少数民族料理」ってなんなんだ?

ひとまず、個性の強いスモーキーな紹興酒と、「辣子鶏」(四川風鶏の山盛り唐辛子スパイシー炒め)と説明されたメニューを頼んでみた。1人だからと半量にしてくれたのだが、出てきてビックリ。予想以上に大きな唐辛子の山の、ところどころに唐揚が埋もれて遭難している!

 絶妙にレアな火の通りで肉感は上品だが、塩気は強め。あまり辛くはない。こんがりと揚がったカシューナッツもいい具合に混入されていて、これがクセになる香ばしさだ。肉、肉、カシューナッツ、その合間に唐辛子や粒山椒、白胡麻などを挟んで辛さと痺れが突き抜ける(本当は唐辛子は食べなくていいものらしい)が、気づくと夢中で箸を伸ばしている。店内は十分に涼しかったが、やっぱり汗ばんでいた。

 創作的でもあり、不思議な奥行きを見せる料理が多い。店名にもなっているとおり、マンボウに似たあのナポレオンフィッシュを食べることもできるらしい。珍しい食材だけに、沖縄から入荷のあった日に限るそうなのだが…。

お店=Napoleon Fish 麻布十番 東京都港区麻布十番1-6-7 F1プラザビル2F ℡03-3479-6687 東京メトロ南北線、都営大江戸線 麻布十番駅  P無(近くにコインパーキング有) 1900円(通常の単品価格)


大きな地図で見る