16
December , 2017
Saturday


歩行する姿がまるでコンパス…スティック型エイリアンの動画

2013年7月27日(土)08時25分更新
Pocket

 

 とても奇妙なエイリアンだ。
「シエラパラハンター」(超常現象ハンターのシエラ)と名乗っている人物が動画投稿サイトに投稿した映像は、もともと老夫婦から寄せられたものだという。
 シエラパラハンター氏は「ヨセミテ公園近くに住む老夫婦が、あまりに不法侵入や空き巣の被害がひどいため、防犯カメラを設置。そしたら2011年3月28日にこの映像を撮影した。夫婦は超常現象好きな私に映像のコピーをくれた」とコメント。ヨセミテ公園は、カリフォルニア州の中東部、シェラネバダ山脈の西側に広がる世界でも有名な自然公園だ。
 映像を確認すると、コンパスのようなものが確かに歩いているように見える。棒のような生き物で、左右の足に体重移動をきちんとしている。大きいのと小さいのがいるので、親子のようだ。
 UFO研究家は「これまでエイリアンといえば、グレイ、レプティリアン、ノルディック、カマキリ型などが紹介されてきたが、今回のスティック型はその進化過程も想像できない全く異質な宇宙生命体かもしれない」と興奮を隠せない。
 親子の散歩のようにも見えるが、果たして「ほほえましい光景」ですませてよいのか。時空の迷子か、はたまた地球侵略のためにやってきているのか…。

[動画・ipadはコチラ]