23
November , 2017
Thursday


夢は「女子プロレスラー」、悩みは「美しすぎること」

2013年8月7日(水)12時00分更新
Pocket

  世の中にはありえないようなことで悩んでいる人たちがいるが、米イリノイ州に住むダナ・アディバさん(21)の悩みは、自分が「美しすぎること」。常にプリンセスのように扱われ、それが周りの女性たちのよけいな嫉妬心を生む。一番うっとうしいのは、どこに行っても男たちの視線が集中することなのだとか。

 米MTVのリアリティー番組「トゥルーライフ」が先日、特集したのが、こんな贅沢な悩みを持つダナさんだ。女子レスラーを目指しているダナさんだが、子供の頃から美しい金髪と整った顔立ちで、周囲からは「かわいいね」「きれいだね」とホメまくられて育った。と、そこまではよかったが、高校生になると、あまりの美人ぶりに同性からは嫉妬心であらぬ恨みを買い、嫌がらせメールの山に嫌気がさして高校を中退した。また、美しすぎるゆえ、本当の恋愛もできないという。男が言い寄ってくるのはカラダが目的で、ヤルことしかアタマにないと嘆く。

 それもこれも、みんな「美貌のせい」ということで、しばらくは金髪を濃いブラウンに染めたり、めがねをかけたり世間の目をそらそうとするも、やはり男の視線は変わらずウザいまま。「それなら、いっそ」ということで、徹底的にセクシーさをアピールしようと決意。近いうちに豊胸して、超美形の女子レスラーとして全米でブレークすることを夢見ている。

[動画・ipadはコチラ]