18
October , 2017
Wednesday


理想のセミリタイア生活を楽しむ木戸パパ

2013年8月11日(日)10時00分更新
Pocket

  今や女子プロゴルファー木戸愛の父として知られる木戸修。車での送迎など愛娘のサポートを勤めている。

  レスラーとしては、リングからは遠ざかり気味だが、コンディションは上々。「声がかかれば、いつでもいけるよ」と腕を撫している。

 セミリタイアの木戸パパは、悠々自適の生活を送っている。瀟洒な家が立ち並ぶ神奈川・横須賀市の新興住宅街の中でも、太平洋を見  渡せる高台のベストポジションを占める、ひときわ大きな家に住んでいる。

  お邪魔すると、ゆったりした造りの広いリビング、そしてトレーニング場にもなるサンデッキに案内された。夕日を眺めながら、実直で口数の少ない木戸と2人で過ごす時間は、本当にゆったりと流れた。
 

  プロレスラーだった実兄、木戸時夫氏は練習中の事故で、寝たきりになり亡くなった。プロレスラーはいつケガをするか、わからない危険な仕事。兄の痛ましい姿を目の当たりにしている弟・修はプロレスラーにありがちな酒や遊びに浪費せず、若いうちからアパートを2軒も建てるなど堅実にやって来た。木戸を見ると、いつもアリとキリギリスの話を思い出す。真面目、実直、誠実。そんな言葉がよく似合う。
 

 非常に繊細な性格で、起床した時、前夜、枕元にきちんと揃えておいた着替えが少しでも乱れていると、機嫌が悪くなると聞いたことがある。ファンとの記念写真ではシャッターが押される直前に、目にも止まらぬ速さで「シュッ!」と前髪の乱れを整えていた。理髪店のモデルのように一糸乱れぬヘアスタイル。プロのたしなみとして日焼けした体、ピカピカにお手入れされた靴。黒と白を基調にしたスタイリッシュな服装、セカンドバッグを愛用しダンディーな木戸。

 どれを取ってもまさにナイスミドル。しかも第二の人生も幸せそのもの。人生の先輩としても理想の一人だ。