19
November , 2017
Sunday


天使か新型エイリアンか、それとも水中型UFOか

2013年8月19日(月)12時00分更新
Pocket

 米国・南フロリダの小さい町、ネープルズのマンションの防犯カメラがまったく謎の映像を録画していたことで、米国で騒動になっている。 8月5日深夜、マンションについているプールを監視していた防犯カメラに、突然、神秘的な映像が映し出された。まるで天使が羽を広げたかのようなものだ。 映像をリアルタイムで見ていたマンションの警備員、デブラリー・トーマスさんは「何か異常なことが起きていると思いました。でも、プールを照らしているライトの光の反射か、虫がレンズのすぐ近くを飛んでいたのかもなとも思ったんです。でも、テープを再生してみたら、本当に天使のような物体があったんです」と語った。 天使の像のようなものは約30分も映し出されていたというが、デブラリーさんは怖くて実物を確認しに行くことはできなかった。そして、突然、画面上から消えたという。 映像はUFO研究団体「相互UFOネットワーク」に送られ、現在、詳細に分析中。専門家たちは「映像はCGなどではなく、何の加工もされていない本物だ。でも、何の現象が起きているのかさっぱり分からない」と首をかしげている。 米国UFOマニアたちは「これはプールで遊んでいる天使だ」「新型エイリアンだ」「水中型のUFOだ」と大議論になっている。