25
November , 2017
Saturday


「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」その答えは… ~磨由子のグルメ散歩~

2013年8月22日(木)12時00分更新
Pocket

 黒い店の黒地の看板にこう書かれていたのだ。
「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」
 それだけでインパクト大。それでいて、ハテナマークでもビックリマークでもなく、マルで結んでいる。そのテンションがちょっとクールじゃないか。

 「肉そば」や「とろろ鶏そば」などのメニュー名が食券の券売機に並ぶ。蕎麦と多めのつけ汁が出て来たのを見て、初めてつけ麺専門店であることがわかった。「とろろ肉そば」を頼むと、量が多めの蕎麦の上に山盛りの生ねぎと刻み海苔。肉がない、と思ったら、蕎麦の下から出て来た。謎の多い蕎麦屋だ・・・。

 麺がまた独特。食べるとコシが強く、コシのタイプはシコシコとして、見た目に透明感があることからも冷麺的要素が感じられる。店の場所がコリアンタウンに近いことからも、やはり韓国料理の冷麵と無関係ではないのでは。

 店名にあるラー油はテーブルに置かれていて、蓋を空けた瞬間にごま油の香りがブワッと広がった。ウーン、かぐわしい!思わず胸の奥深くまで吸いこんでしまった。横に並んだ天かすも驚くほど油切れと歯触りが良く、無料トッピングとは思えない美味しさだ。

 「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」
なるほどね、言うまでもなく答えはこうだ。
「うまいからだよ。食べればわかる。」

 東京都東京都新宿区大久保1-3-22  ℡03-6302-1178 東京メトロ副都心 東新宿駅(P無)

とろろ肉そば(小) 850円


大きな地図で見る