19
August , 2017
Saturday


クリント・イーストウッド監督が破局

2013年8月30日(金)04時05分更新
Pocket

   「ミリオンダラー・ベイビー」や「硫黄島からの手紙」など、数々の名作を手がけ、アカデミー賞も受賞しているクリント・イーストウッド監督(83)が、17年間連れ添った妻ディナさん(48)と別居していたことが分かった。米大手芸能サイトTMZが報じた。監督が高齢のため、離婚に進展するかどうかは今後、注目が集まる。

    ディナさんは監督の2人目の妻で、1996年に結婚。2人の間には16歳になる娘のモーガンさんがいる。
    結婚生活については長年、破局の危機がささやかれ、そのストレスから精神的に追い詰められたディナさんは一時期、うつ病の治療のため施設に通っていたとも伝えられた。監督にはモーガンさん以外にも、最初の妻や元恋人との間に7人の子供がいる。