21
November , 2017
Tuesday


旨み抜群!バジル風味の「トリッパの煮込み」~磨由子のグルメ散歩~

2013年9月5日(木)12時00分更新
Pocket

 中目黒にある人気イタリアンレストランで長くシェフを務められていた佐藤護シェフ。大分県の畑つきレストランでの勤務などを経て、横浜に店を出したと聞きつけた。そんな注目の「トラットリア ビコローレ ヨコハマ」には、都内からも以前からのファンが続々と詰めかけているらしく、夜だと周囲はほとんど暗がりになってしまうような立地だというのに、週明けから満席の繁盛ぶり。

 

 メニューを開くと、北と言わず、南と言わず、イタリアの定番料理から旬素材を自在に調理した様々な料理が、なんと70種類以上も!「カツオのカルパッチョ ベルガモット風味」だの、「パルミジャーノのセミフレッド(半冷凍のクリーム)」だの、「ウサギの色々な部位のソテー」だの、どれも期待値高し。都内より安いし、これじゃあ混むわけだなぁ。

 

「トリッパ(モツの一種)の煮込み」がとりわけ印象的だった。よくあるトマトソース味ではなく、玉ねぎとニンジン、セロリと煮込まれていて、バジル風味。シェフのオリジナルの1つだそうだ。

 野菜がたっぷりなので自然な甘みがあり、トリッパの柔らかさを引き立てていて、じんわりとした温かみが胸に残る田舎料理のような一品。こういう、シェフの人柄が表われる料理がどの店にもあるもので、この店のこれもそうだと言っていいだろうと思う。

 

神奈川県横浜市西区平沼1-40-17 ℡045-312-0553 JR、東急、京急、横浜高速鉄道、横浜市交通局、相模鉄道 横浜駅(P無) トリッパの煮込み 1260円

大きな地図で見る