20
October , 2017
Friday


ちょいワル予想【デイリー杯2歳S(5日・京都11R)】【京都大賞典(6日・京都11R)】【毎日王冠(6日・東京11R)】

2013年10月4日(金)02時20分更新
Pocket

デイリー杯2歳S(10月5日・京都11R)

上昇度一番!アトム◎

新馬戦レコード勝ち、続く小倉2歳Sは番手からの抜け出しと、メンバー中唯一の2勝馬で当然人気の中心になるホウライアキコだが、今回は一気の距離延長に?があり単穴▲まで。本命◎は阪神のマイル戦で鮮やかにデビュー勝ちを飾ったアトム。中間の動きから叩かれての上積みも大とみた。対抗○は函館の新馬勝ちから臨むプライマリーコード。クロフネ×SSは2歳戦向きの配合で近親にフサイチエアデールの名があるのも強調材料。逃げて3馬身差圧勝の前走が強かったライザンに特注★。以下印の馬が押え。

 ◎アトム

○プライマリーコード

▲ホウライアキコ

★ライザン

△アグネスドリーム

△ピークトラム

△ネロ


京都大賞典(10月6日・京都11R)

能力断然!ゴールドシップ◎

宝塚記念ではスタートからのし付けて3、4番手をキープ。3角から鞍上の手が激しく動きながらゴールでは後続に3馬身半の圧勝。このメンバーではやはり抜けた存在と思えるゴールドシップに本命◎。春の天皇賞2着と京都外回りで良績のあるトーセンラーが対抗○。新潟記念では鬼門?の一番人気に推し出されて5着敗退のニューダイナスティが今回は気楽な立場から先行して▲。その新潟記念で大敗したトレイルブレイザーも2走ボケと割り切れば巻き返し十分で特注★。あとはアドマイヤラクティ以下△印の馬へ。

◎ゴールドシップ

○トーセンラー

▲ニューダイナスティ

★トレイルブレイザー

△アドマイヤラクティ

△ヴィルシーナ

△エクスペディション

 


毎日王冠(10月6日・東京11R)

再度マイペースで◎レッドスパーダの前残り

開幕週の高速馬場で再度マイペースの先行が打てるレッドスパーダに本命◎。前走の関屋記念はMペースの2番手追走、直線半ばで抜け出した後も脚色衰えることなくジャスタウェイを1馬身以上突き放した。もとより得意の東京コース、長期の休養があり7歳とはいえまだまだ成長がある。末脚断然のショウナンマイティが対抗○。大目標は次の天皇賞でも鉄砲は効くタイプ。手頃な頭数で脚を余すことは考えづらい。単穴▲に東京得意のクラレント。1800mも休養前のエプソムCで克服済みだ。3歳の雄コディーノに特注★。

 ◎レッドスパーダ

○ショウナンマイティ

▲クラレント

★コディーノ

△エイシンフラッシュ

△エキストラエンド

△タッチミーノット