23
October , 2017
Monday


女性バーテンダーがチップでもらった宝くじ大当たり!

2013年10月7日(月)02時21分更新
Pocket

  米国・オレゴン州スプリングフィールドで、女性バーテンダーが客からチップ代わりにもらった宝くじが大当たり。賞金1万7500ドル(約170万円)を受け取り、「こんな大きなチップは初めて!」と大喜びだ。

  州営宝くじが的中したのは「コンウェイズ・レストラン&ラウンジ」という飲食店のバーで働くオーロラ・ケファートさん(25)。これまでも何度か常連客からチップ代わりに宝くじをもらったが、ただの紙切れになるのがオチだった。

  そんないつものオチが一変したのは今月1日。いつもの男性客が、買ったばかりの宝くじ数枚のうち、オーロラさんにチップとして2枚選ぶよう求めた。初めは「どうせハズレるから」と遠慮したが、断り切れず受け取った。そして数日後の当選発表。もらった2枚のうち1枚は5ドル(約485円)の小当たりで、もう1枚が170万円に。

 興奮冷めやらぬまま、男性客に当選したことを伝え、賞金を山分けをすることを決めた。人生が変わるほどの大当たりではないものの、大金に変わりない。ただし、オーロラさんは「新しいソファーを買って、残りは貯金するわ」とかなり現実的だ。

宝くじをくれた客と握手する大喜びのオーロラさん