20
October , 2017
Friday


G線上のホース 秋華賞 「人気馬の単勝より…」

2013年10月12日(土)08時00分更新
Pocket

京都11R 秋華賞

【推奨馬】ノボリディアーナ

※今週はJRA3日間開催の為、13日(日)と14日(月)を3鞍ずつ掲載させて頂きます。本日は13日(日)分の予想になります。

◎ノボリディアーナ
○スマートレイアー
▲ローブティサージュ
△メイショウマンボ
△エバーブロッサム
△デニムアンドルビー
△ウリウリ
△ティアーモ
☆コレクターアイテム

 オークスの◎はメイショウマンボ、ローズSの◎はデニムアンドルビーに打ってきた。今回の候補馬は3頭おり、迷いに迷ったが◎はノボリディアーナ。理由より先に、その他の2頭について触れておく。
 4戦3勝のスマートレイアーは、はっきり言って強い。瞬発力は勿論だが、ハイペースに対応できるディープインパクト産駒で格負けの心配は無用。取りこぼした前々走は休養明けが響いた形だが、ここでハイペースの流れを経験出来たのはむしろ有り難い財産になったはず。早くからここを目標にしていた様に仕上がりも抜かりない。
 もう1頭はローズSで6着だった2歳女王ローブティサージュ。雨の重馬場でハイペースと先行勢にとって楽ではない条件で勝ち馬から0.4秒ならば健闘の部類。血統面(父ウォーエンブレム)からもローズSからの巻き返しは08年のブラックエンブレムを連想させ1発の魅力を秘めている。
 ノボリディアーナを推奨する理由は「先の2頭と比べて人気が無いから」と「迷った時は前に行く馬を買う」という哲学から。重馬場のローズSは1000m通過が58.2秒。ペースを考えれば馬群も密集しており、雨のせいか全体的に前掛かりだった。上がり3Fが37.6秒。出遅れたとはいえデニムアンドルビーが差したのは、あの位置だから出来た芸当だったとも考えられる。
 0.9秒差の8着をどう評価するかだが、良馬場に限ればノボリディアーナは京都で3戦3勝。セキショウがハナを切り、今回は縦長の競馬が濃厚。マイペースの追走から「内回り・直線328m」で内有利高速馬場の京都ならば粘り込みも可能と読む。08年の秋華賞で15番人気3着のプロヴィナージュと同じ脚質と血統(父フレンチデピュティ、母父サンデーサイレンス)というのが何とも面白い(複勝配当は6210円)。
 馬券はあくまでも単複(邪道だが特に複勝を厚め)を大本線に馬連で印各馬へ。大穴狙いで◎○、◎▲からの3連複も買っておく。デニムアンドルビーはここ3走がパンパンの馬場で走っていない。これがどう出るかだが、出遅れ癖も有るので評価を下げた。

【若駒推奨馬】

京都1R 2歳未勝利(芝1400m) ガートルード

 先週土曜の京都3Rで5馬身差圧勝のカアナパリビーチ。その前走は函館の不良馬場で8馬身差の2着。能力は有るのに馬場のせいで能力を発揮できない典型的な例だった。
 ガートルードの新馬戦(5着)も不良馬場。しかもそのレースの2着馬は先のカアナパリビーチに大勝したアグネスドリームだった。芝1800mで2分近く掛かった極重札幌から、芝1400mで先週2歳レコード(1.20.6)が出た高速京都替わり。今回求められる能力は当然違ってくるはずで、一変に期待する。母アンブロワーズは阪神JF2着で早い時期に活躍した重賞勝ち馬で配合的にも走っていい。馬券は頭狙いで単勝と馬単で4、8、7、6、2への5点。

東京1R 2歳未勝利(ダ1400m) エンジェルビーツ

 ワイルドラッシュ産駒をなぜ芝のレースから使うのか?全ては関係者のみが知るところだが、我々馬券を買う側にとっては芝で凡走し、人気を下げてもらった方がありがたい。しかもこの馬の母母はシネマスコープ。ワイルドラッシュ×シネマスコープと言えばGI4勝のトランセンドがおり、同馬は4分の3の同配合になる。母父のパントレセレブルは凱旋門賞馬でダート適性は甚だ疑問も、ヌレイエフ系は母父でゴールドアリュール、イーグルカフェ、トゥザヴィクトリーを輩出しておりマイナスに作用するのは考えにくい。ここは単複と3、7、1、4への馬連・ワイドで。