21
October , 2017
Saturday


G線上のホース 府中牝馬S 「遠くのバラより近くのタンポポ」

2013年10月13日(日)04時56分更新
Pocket

東京11R 府中牝馬S

【推奨馬】スイートサルサ

※今週はJRA3日間開催の為、13日(日)と14日(月)を3鞍ずつ掲載させて頂きます。本日は14日(月)分の予想になります。

◎スイートサルサ
○ハナズゴール
▲アロマティコ
△マルセリーナ
△マイネイサベル
△ドナウブルー
☆ゴールデンナンバー

 古馬相手の1000万条件を圧勝した勢いのまま秋華賞2着に食い込んだスマートレイアー。既存勢力をひっくり返す見事な走りだった。そんな中、牡馬混合の準オープンで突き抜けながら秋華賞に登録すらしなかったのがスイートサルサ。
 休養明けの前々走は新潟内回り1400mで持ち前の末脚が生かせなかったが、外回りマイルの前走で一変。上り3F33.2秒の切れ味で古馬を寄せ付けなかった。春は東京コースにこだわって、クイーンC(2着)→フローラS(6着)→オークス(7着)のローテーション。右回りの短い直線と距離に若干の不安が有る世代限定GIより、適性距離で直線が長い得意コースの古馬混合GⅡを選んだ馬本位のレース選択も評価したい。相手は一線級なので楽ではないが、その分は斤量でカバー。この馬の爆発力に賭けたい。相手には適性条件とは思えないオールカマーが好内容のハナズゴール、軌道に乗ってきたアロマティコの4歳馬2頭を上位に取る。馬券は単複と○▲を本線に馬連・馬単で勝負する。

 

【若駒推奨馬】

京都3R 2歳未勝利(芝1600m) ジョーエクスカリバ

 NHKマイルCを制したジョーカプチーノの半弟でディープインパクト産駒なのにダートデビュー。謎だらけな使い出しから、前走は芝1800mへ。そのレースとにかく相手が悪かった。1着ライザンは次走のデイリー杯で3番人気に支持され、2着ローハイドは土曜に勝ち上がり。結局上位2頭の能力が抜けていた。今回は現実路線で1600mに距離短縮。マイルGIを制したとは言えキャリア後半はすっかり短距離馬になったのがジョーカプチーノ。前走も少し行きたがる素振りを見せていた様に、この距離短縮と今の京都の馬場はマッチするはず。いずれは1200mを使うかもしれないが、配当妙味のここで先物買い。馬券は単複と10、6、8、3への馬連・ワイドで少額勝負。

京都2R 2歳未勝利(ダ1800m) ファイヤーロック

 フキラウソング、ブルーホリゾンと鮮烈な活躍馬はいないものの兄妹6頭中4頭が勝ち上がっている堅実な血統。その4頭がいずれもダートで勝ち上がっているのは見逃せない。デビューからの2戦は芝1400m戦。いずれも出負けがレース結果に響いており、そういう意味ではダート替わりの距離延長は大歓迎。父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンスの配合が13頭中3頭もいるレース。前走2着のクァンタムギアは当然有力も、この馬から穴狙い。馬券は単複と12、8、3、1への馬連・ワイド・3連複で馬券を組み立てる。