21
October , 2017
Saturday


大満足の小さなご馳走!「アニョロッティ・ダル・プリン」~磨由子のグルメ散歩~

2013年10月18日(金)06時26分更新
Pocket

 桜の季節に予約が殺到することで知られている大人仕様のイタリアンレストランがある。中目黒川沿いにあり、壁一杯の大きな窓を持つ「カシーナ・カナミッラ」だ。建物の2階にあるため、窓のすぐ向こうに桜の海を眺めながら食事ができる。こんなに贅沢な花見があるだろうか。

 この店に、イタリアの星つきレストランで二番手にまで昇りつめた岡野シェフが就任したのがこの2月。アラサーだという。経歴のわりには、若い!若すぎる!!それほどの実力派であるシェフがピエモンテから持ち帰ったスペシャリテが、郷土料理の「アニョロッティ・ダル・プリン」。食べ慣れているはずの現地の人々の心をガッチリととらえて、注文がひっきりなしだったそう。今ではカナミッラのスペシャリテにもなっている。

 パスタの分類にスパゲッティなどのロングパスタやマカロニなどのショートパスタがあるのことを知っている人は多いと思うが、ショートパスタの中には詰め物入りという種類がある。もし、「パスタをおごるよ、何がいい?」と言われたら、イタリア人なら詰め物入りを選ぶとも言われ、作るのに手間がかかるために他のパスタよりご馳走感が強いからなのだそうだ。

 その詰め物入りパスタの1つ、「アニョロッティ・ダル・プリン」は、豚、牛、ウサギの肉とほうれん草を包んだ小さめのパスタで、岡野シェフのそれは、破れないか心配になるほどに生地が薄く、ツルンとした舌触りが心地良い。そんな繊細な第一印象とは裏腹に、噛みしめると肉の旨味がほとばしり、バターとパルメザンチーズのソースもコク深い。「これだけを山のように食べたいっ…」という欲求をかき立てる逸品なのだが、本場の客からも高い評価を受けた料理かと思うと美味しさもまたひとしお。1つ1つを惜しみながら噛みしめたのだった。なお、こちらは、コース(ランチ、ディナーとも)でも追加料金500円で注文ができる。

東京都目黒区青葉台1-23-3 青葉台東和ビル2F ℡03-3715-4040 東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅(P無) アニョロッティ・ダル・プリン 2200円

大きな地図で見る