23
October , 2017
Monday


英国の“ゾンビバス”が「怖すぎる!」と苦情殺到!!

2013年10月23日(水)03時11分更新
Pocket

市バスの車体に描かれたゾンビのイラスト。これが怖すぎる?!

市バスの車体に描かれたゾンビのイラスト。これが怖すぎる?!

 英国南部ウェスト・サセックス州クロウリーで今週、「市バスの車体広告のイラストが怖すぎる!」との苦情が多く寄せられ、日本の広告審査機構(JARO)にあたる同国の広告基準局(ASA)が調査に乗り出した。

 問題の広告は、地元のテーマパーク「トゥリーズ・ファーム」がお化け屋敷の広告として出したもので、車体に描かれたゾンビの顔が苦情を招いたという。

 テーマパーク担当者は「皆さまの気分を害するつもりは一切ありません。広告は女のゾンビを描いたもので、ハロウィーンのこの時期、街中でみられるお化けのイラストと、さほど変わらないと思うのですが…」と戸惑いを隠せない様子で「今はASAの判断待ちです」と続けた。

 同広告はクロウリーのほか、ロンドンなど近郊で運行されているバス約100台にも描かれている。もし、ASAが「一般を対象とした広告としてふさわしくない」と判断した場合、広告は撤去される。

 ASAによると、同様の苦情は、昨年もこの時期に寄せられたが、結局「問題なし」と判断された。同局関係者は「今年も同じ結果になる可能性が高い」と話している。