21
October , 2017
Saturday


家の壁に100万匹!!米テネシー州でテントウムシが異常発生

2013年10月31日(木)04時31分更新
Pocket

  米国南部・テネシー州で異変が起きている。イナゴの襲来ならぬ、テントウムシが大群を成して町中を覆い尽くしているのだ。

 同州の昆虫学者によると、テントウムシが飛び回るのはこの時期だが、今年は気候が例年に比べ格段によかったため、異常に増殖したとみられる。

 テントウムシは暖かい場所で、明るい色の建物に集まる習性があるという。大量に発生しても人間に害はないが、悪臭を放つことから住民らにとっては、やはり〝害虫〟と同じだ。

 同州中部デービッドソン郡にあるダイアン・ストラウドさんの家は、外壁がテントウムシに覆われ、その数たるや「100万匹はいると思う」という状態。

「家にいて外を見たら数匹のテントウムシが飛んでいたので、外に出てみると、ものすごい数がこちらに向かった飛んできた」とダイアンさん。

1匹ならかわいいテントウムシだが…

1匹ならかわいいテントウムシだが…

 

これだけ集まってくるとキモチワルイ

これだけ集まってくるとキモチワルイ

 専門家によると、今年のテントウムシの大量発生はテネシー州だけではなく、全米各地でみられる現象だという。ただ、同州ほど集中して発生していないだけだとか。住民にとっては、ただ早くどこかに行ってくれることを望むばかりだ。