22
October , 2017
Sunday


ケイティ・ペリーに〝危ない過去〟!!ミック・ジャガーにナンパされていた

2013年11月1日(金)07時13分更新
Pocket

「ビースト・オブ・バーデン」と熱唱するミックとケイティ

「ビースト・オブ・バーデン」を熱唱するミックとケイティ

 ロック界の大御所ローリング・ストーンズのミック・ジャガー(70)が、今やポップの新女王となったケイティ・ペリー(29)を無名時代にくどいていたことが〝発覚〟!! 今回の来日前、オーストラリアを訪れていたケイティが、地元ラジオ局とのインタビューで激白した。

 ケイティとミックに共通点があること自体驚きだが、実はケイティ、18歳の頃にストーンズのバックボーカルとしてツアーに参加していたのだ。

 そんなある日、ミックに食事に誘われ、その際にくどかれたが、きっぱり断ったという。

 ミックほどの大スターの誘いをどう断ったのか。「大昔のことだから…」と前置きをし「(2人きりになるのはマズいと思い)友達を連れていったの」と笑いながら答えた。

「それからは、ミックにすごくやさしくしてもらったの。ステージではデュエットもさせてもらったし」 実際、今年のストーンズのラスベガス公演では、ケイティがゲスト出演し、1978年の名曲「ビースト・オブ・バーデン」でミックと共演している。

 一方、ミック側はケイティの発言に「ありえない」と完全否定。「くどかれた」という主張も「事実無根」とし「(ケイティは)たぶん誰かと勘違いしているのでは」と一蹴した。さすがに大御所が「小娘だったケイティを手篭めにしようとした」など、当然、認めるわけにはいかないだろう。