18
October , 2017
Wednesday


レディー・ガガ、メジャーデビュー以来のマネジャーを解雇!

2013年11月6日(水)03時01分更新
Pocket

二人三脚で大成功を収めたカーター氏(左)とガガのコンビだったが…

二人三脚で大成功を収めたカーター氏(左)とガガのコンビだったが…

 ニューアルバム「アートポップ」の発売を直前に控えたレディー・ガガ(27)が、メジャーデビュー以来のマネジャーで、大ヒット連発の仕掛け人だったトロイ・カーター氏(40)を解雇した。米紙ニューヨーク・タイムズが関係者の話として5日、伝えた。

 カーター氏がマネジャーになったのは2007年。「ポーカー・フェース」や「ジャスト・ダンス」を世界的メガヒットに押し上げ、前作のアルバム「ボーン・ディス・ウェイ」でも、米国だけで200万枚以上を売り上げるという大成功をもたらした舞台裏の功労者だ。

 同紙によれば、ガガがカーター氏を解雇した詳しい理由は分かっていないとしている。また、両者サイドともにコメントを控えている。

 米芸能サイト「ショービズ411」や「ヒッツ・デーリー・ダブル」などは「創造的方向性の相違」が、両者の決別につながったとしている。

 カーター氏はガガのほか、英R&B歌手ジョン・レジェンド(34)や、ユーチューブで発掘された〝踊るバイオリニスト〟として人気のリンジー・スターリング(27)のマネジャーを務める。また、シリコンバレーのベンチャー企業などへの投資家としても知られる。