19
November , 2017
Sunday


くまモンも好物!? ヘルシーな熊本名物!あっさりスープがとまらない「太平蒸(タイピーエン)」~磨由子のグルメ散歩~

2013年11月8日(金)04時48分更新
Pocket

 大ぶりな焼餃子が人気で、メディアでは餃子のおいしい店として取り上げられることもある浜松町「中国酒家 貘」へ行って来た。引き戸を開けてみると、店内は無国籍なアジア食堂といった風情。間口の割には店内が広く、古びた雰囲気を醸しつつも何か緊張感が漂っていて、いかにも「悪いけど、ウチはウマイもの出しますよ・・・」という空気をビンビンに感じさせる。

 

 肌寒い日も増えて来たし、汁ものが食べたい気分だったので、店のオススメらしきメニューの1つ、熊本名物を謳った「太平蒸(タイピーエン)」に目が留まった。ほとんどが中華料理のなか、なぜ唐突に熊本名物が?ひょっとしてくまモン効果、それとも好物・・・?まあ、もともとは中華料理なのだろうし、シンガポール料理などもあるようだから、おいしければジャンルにはこだわらないスタンスなのだろう。

 

太平蒸はスープ春雨なのだが、たっぷりのラーメン鉢サイズ。エビ、イカ、カマボコなどの魚介に水菜やもやし、きくらげ、揚げたゆで卵なども乗っていて、なかなか具だくさんだ。白濁したスープは鶏ガラベースで、最初はやや淡泊にも感じたが、クセがない分、飽きが来ない。いいなぁ、このスープ・・・思わず飲み干しちゃうヤツだ。春雨は緑豆春雨を使っているようで、コシが残っているから、食べ足りないということもなかった。

 

言うなれば、軽めのラーメン。チャンポンのスープに春雨を入れた感じの料理だった。ラーメン好きな人の代替メニューとして、ストレスの少ないメタボ対策に使う手もあるかも。

 ※お料理との「出会い」をより感動的にするため、写真はあえて載せません

 

東京都港区浜松町2-12-9 050-5797-5277 JR 浜松町駅・都営浅草線 大門駅(P無) 太平蒸(タイピーエン) 980円

View Larger Map