22
August , 2017
Tuesday


「お仕置きセラピー」した米国のSMドクターにお仕置き!!

2013年11月21日(木)04時39分更新
Pocket

〝お仕置き治療〟が行われたクリニック

〝SM治療〟が行われたクリニック

「お仕置きセラピー」と名づけ、女性患者を裸にし、目隠しや手錠をした上で、ムチでロープ、バイブレーターなどを使いSMプレーに興じていたとされる米国・フロリダ州レイクワースの医師に、当局が任意で事情聴取を始めた。同州の医療理事会も調査に乗り出した。

 聴取を受けたのはデービッド・サイモン医師。これまでの調べによると、同医師は当時38歳のうつ病だった女性患者に「調教治療をすればよくなる」ともちかけ、女性を裸にし、わいせつな行為に及んだ。

〝治療〟は毎月1回行われ、数か月に及んだ。また、〝治療〟は診察時間外に数時間もかけて行われ、女性は「感謝の意味で」サイモン医師とセックスもしたと話している。

 だが、女性は、被害届などは提出しておらず、パームビーチ保安官事務所は「お互い合意の上での関係だった」と判断。刑事告訴はしない方針だ。

お仕置き人のサイモン医師

お仕置き人のサイモン医師

 一方、同州の医療理事会は「医師として不適切な行為」とし、サイモン医師に1万ドル(約100万円)の罰金と、今後2年間の猶予処分にすることを検討。場合によっては医師免許を剥奪する可能性もあるとしている。

 そんな中、24歳の元女性患者が2010年、サイモン医師にセクハラを受けたとして、同保安官事務所に名乗り出た。女性によると、同医師は女性器を診察した後、でん部を触るなどわいせつな行為をし「君は悪い子だから『お仕置き治療』が必要だ」といわれたと証言した。

 今後、被害を受けたという女性が相次いで名乗り出た場合、警察当局が再調査に乗り出すことは必至。そうなれば、医師免許剥奪も濃厚だ。