18
August , 2017
Friday


ちょいワル予想【ジャパンカップ】【京阪杯】

2013年11月22日(金)02時30分更新
Pocket

京阪杯(11月23日・京都11R

スプリント戦線に新星誕生!プレイズエターナル◎

 短距離王国・安田隆厩舎がまた新たなるスター候補を送り出す。プレイズエターナルは条件特別を2連勝して挑んだオープン京洛Sが勝ちに等しい2着。敗因はSペースを後方に構えすぎた鞍上のミスに尽きる。ルメールを配した今回は必勝態勢で本命◎。実績でこれに迫るのがエピセアロームで、昨年のセントウルSでロードカナロアを破った星が光り対抗○。スプリンターズS3着のマヤノリュウジンに▲。特注★は初の芝挑戦だった京洛Sでメンバー最速の上がりで外強襲3着したブルーデジャブ。以下△の伏兵陣も虎視眈々。

 ◎プレイズエターナル

○エピセアローム

▲マヤノリュウジン

★ブルーデジャブ

△ハノハノ

△アイラブリリ

△アースソニック

△サイレントソニック

 

ジャパンC(11月24日・東京11R)

能力上位、ジェンティルドンナ◎

 典型的な逃げ不在。ジェンティルドンナは今回も折り合いが課題になりそうだが、天皇賞でも不利な展開にも関わらず2着は確保しており、能力の絶対値で本命◎は譲れない。ムーアへの手替わりは来年の凱旋門賞を見据えてのもの(?)。スローに流れて瞬発力勝負になればエイシンフラッシュが有利で対抗○。ゴールドシップが自ら動けるようなら単勝圏の▲。2度目の挑戦になるジョシュアツリーが単騎で逃げられるようなら前残りに特注★。上位陣に紛れがあった場合の伏兵はアドマイヤラクティ、アンコイルド、ルルーシュか。

 ◎ジェンティルドンナ

○エイシンフラッシュ

▲ゴールドシップ

★ジョシュアツリー

△アドマイヤラクティ

△アンコイルド

△ルルーシュ