21
October , 2017
Saturday


今年の「検索世界チャンピオン」は産休明けのビヨンセ

2013年12月3日(火)02時26分更新
Pocket

ママになっても超ゴージャスなビヨンセ

ママになっても超ゴージャスなビヨンセ

 今年、インターネットで最も多く検索された有名人は、米エンタメ界を騒がせたセレブタレント、キム・カーダシアン(33)や、名実ともにトップ歌手の仲間入りを果たしたリアーナ(25)らを抑え、米歌姫ビヨンセ(32)がナンバーワンになった。検索エンジン「Bing」が2日、発表した。

 多忙を極めたビヨンセの今年1年の始まりは、産休明けにもかかわらず1月に行われたオバマ米大統領の2期目の就任式で、国歌を独唱するという大仕事をこなしたこと。

 翌2月には、全米で毎年視聴率1位を記録するスーパーボウルのハーフタイムショーに出演。かつて所属した人気女性ボーカルグループ、デスティニーズ・チャイルドのメンバーと共演し、話題を集めた。その後すぐにワールドツアーを開始。ツアーは12月22日まで続く。

 Bing検索2位は昨年首位のキム。3位以下はリアーナ、カントリー歌手テイラー・スウィフト(23)、“クイーン・オブ・ポップ”マドンナ(55)。6位には悪ガキアイドル、ジャスティン・ビーバー(19)が入り、男性では最高順位となった。また、10位にはオバマ大統領がランクインした。