28
June , 2017
Wednesday


ホントは暴れん坊副将軍だった黄門さま!? 新刊「教科書には載っていない 江戸の大誤解」を3人に

2013年12月3日(火)02時00分更新

「教科書には載っていない 江戸の大誤解」(水戸計/著・彩図社)

「教科書には載っていない 江戸の大誤解」(水戸計/著・彩図社)

 260年もの長きにわたり、太平の世が続いた江戸時代。将軍を頂点とした厳格な身分制度、一方で花開いた庶民の文化……、特異な文化風俗を持つこの時代は、時代劇や時代小説の舞台として幅広い世代に親しまれてきた。

 しかし、そのために誤解が生じているのがこの時代。テレビや小説の脚色で間違ったイメージが横行しているのである。では、本当の江戸時代とはどんなものだったのか? 実はそこには驚きの姿が隠れているのだ。

 本当は暴れん坊副将軍だった「水戸黄門」、上司や同僚から嫌われていた「長谷川平蔵」といった時代劇のスターの知られざる素顔から、「島原の乱」、「桜田門外の変」などの大事件の舞台裏、実は高度だった江戸時代の学問など、江戸時代の進んだ社会構造、そして将軍や天皇など最高権力者の実像まで、知れば時代劇や時代小説がさらに楽しめる、江戸時代の知られざる姿をご紹介!

 この水戸計(みと けい)氏の新刊「教科書には載っていない 江戸の大誤解」(彩図社)を3人にプレゼントします。応募締め切りは12月17日(火)。

■アマゾン販売サイト http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883929639/

 

応募フォーム