24
November , 2017
Friday


今年も感謝祭はブタ箱…45年間で1500回逮捕された男の正体

2013年12月3日(火)07時10分更新
Pocket

まったく懲りない男、アール被告

まったく懲りない男、アール被告

 米国でクリスマスの次に重要な祝日である先週の感謝祭を、今年もまた拘置所で過ごした男がいた――。米ニュースサイト「スモーキング・ガン」によると、ヘンリー・アール被告(64)は生涯で逮捕された回数は驚愕の1500回! ちまたでは“逮捕歴世界一”の記録を持つ男と呼ばれている。今回は10月、いつものように泥酔して警察官の公務を妨害したとして逮捕、ケンタッキー州レキシントンにある拘置所に拘留された。

 アール被告が最初に逮捕されたのは1970年で20歳の時。武器の不法所持容疑だった。その後の10年間で33回逮捕され、1980年代の逮捕歴は230回に上った。そのほとんどが泥酔による公共秩序の妨害、器物破損や公務執行妨害など。

これまでアール被告が警察署で撮られた容疑者写真のほんの一部

これまでアール被告が警察署で撮られた容疑者写真のほんの一部

 しかし、逮捕数が急激に加速したのは90年代だ。というのも、微罪で逮捕されては2~3日間の拘留で釈放され、また犯罪を繰り返すというパターンが定着したからだ。

 ところが、ここ数年は略式起訴などが無くなり、反省のかけらも伺えないことから、厳しい判決が下されるようになった。そのため、有罪になるごとに禁固数か月が言い渡され、結果的に逮捕数は減った。

 いずれにせよ、この男の酒癖の悪さは、アルコールを絶つこと以外、矯正する道はなさそうだが、そんなことが出来ていれば、1500回も逮捕されていないことは確かだ。