22
August , 2017
Tuesday


機内で爆睡!起こしてもらえず駐機場で一夜を明かした気の毒すぎる乗客

2013年12月9日(月)03時31分更新
Pocket

乗客を置き去りにしたユナイテッド・エクスプレスの航空機

乗客を置き去りにしたユナイテッド・エクスプレスの航空機

 最終電車の中で爆睡した酔っ払いでもあるまいし…。米国・テキサス州ヒューストンで先日、ユナイテッド・エクスプレス国内便の飛行中、うたた寝していた乗客の男性が、いつしか爆睡。目的地に着陸しても誰にも起こしてもらえず真っ暗な機内に取り残され、駐機場で一夜を過ごすというハプニングが起きた。

 同市のテレビ局TKRKによると、トム・ワゴナーさんは6日、目が覚めると、駐機場の機内に置き去りになっており、携帯電話でガールフレンドに助けを求めた。

「ケータイに出た彼女は、私が何を言っているか理解できない様子だった」とワゴナーさん。「飛行機の中に閉じ込められているんだ。早く誰かに伝えてオレをここから出してくれ!」と叫び、助けを求めた。

 ガールフレンドは航空会社に連絡し、約30分後、駐機中の同機を確認。中に閉じ込められていたワゴナーさんを“救出”した。

 問題の飛行機は、ルイジアナ州ラファイエット発カリフォルニア経由のヒューストン行きの便。ワゴナーさんは「目が覚めると真っ暗な機内にいて、何がなんだか分からなかった」と説明。乗客・乗員が降りたことには、まったく気づかなかったと話している。

 同社はワゴナーさんに謝罪し、なぜ乗員がワゴナーさんを置き去りにしてしまったのか調査している。