23
August , 2017
Wednesday


G線上のホース 朝日杯FS 「中山最後で必勝血統」

2013年12月14日(土)08時00分更新
Pocket

中山11R 朝日杯FS

【推奨馬】ショウナンアチーヴ

◎ショウナンアチーヴ
○プレイアンドリアル
▲マイネディアベル
△アトム
△ハイアーレート
△サトノロブロイ
△ウインフルブルーム
△ショウナンワダチ
☆アポロスターズ

 中山最後の朝日杯。特に大きく狙いたい馬がいないのが本音で、抽選対象の馬に面白い存在がいたのだがその全頭が痛恨の除外。それならば基本に戻って血統狙い徹したい。
 ここ5年の勝ち馬には単純な共通項が有り「母父サンデーサイレンス」の馬が5連覇中。昨年は3頭中3頭が上位を独占、一昨年は唯一の該当馬が勝利している。これだけでも充分凄いのだが、ここ5年の勝ち馬にはもう1つの共通項が有って「前走の1着馬」が例外なく勝利している。つまり、狙いは「前走1着の母父サンデーサイレンス」の馬で、今年の該当馬は何とショウナンアチーヴの1頭だけ。その前走も狭い所をしっかり抜け出し完勝、前々走は中山で未勝利を勝ち上がっており、トリッキーな中山マイルには対応可能。4戦全てで上がり3F最速を記録しており、父ショウナンカンプが嫌われているのか、人気も手頃。ここは軸馬には最適だろう。
 相手が難解も、距離短縮は歓迎のプレイアンドリアル、立ち回り次第ではマイネルディアベルにもチャンスは有る。とは言え、間違いなく人気ほど印の差は無いので手広く流しておきたい。アジアエクスプレスはダート寄りの血統、ベルカントは単調なスプリント血統で少なくとも穴人気で買う馬ではなく、完全に消し。馬券は単複を大本線に馬連で組み立てる。

【若駒推奨馬】

阪神7R 2歳500万下(ダ1200m) ゼンノジェネラル 

 新馬戦の6馬身圧勝で前走も人気を背負ったベストルーラーだが4着惜敗。今回は勝ち上がった時と同じ1200m戦、マイナスに働くことは考えにくい。それでも、前走は自分で作った緩いペースで押し切れなかったレースぶりは不可解。
 それならば、同じ不可解でも今回は割り切れるゼンノジェネラルの方を狙いたい。前走はダート勝ちから芝へのローテーション。さすがに父トワイニングを持つ同馬にとっては荷が重く10着惨敗も仕方ない。新馬戦は出遅れた2着馬の強さが際立っていたが、3・4着馬は既に勝ち上がっており実は高レベル。ダート替わりと距離短縮で1発を見込める。馬券は単複と上記6との馬連を厚めに、3連複の2頭軸で6・9から4、3、11へ流す。

中山6R メイクデビュー(ダ1800m) ファンシーミューズ

 母モンヴェールは現役時代に中山ダート1800mで2勝(500万下、1000万下)。半姉のグリューネヴォッヘも中山ダート1800mで勝ち上がっている。父がスペシャルウィークからゴールドアリュールに変わることで、よりダート色が濃い配合になっており、是非初戦から狙ってみたい。馬券は単複と馬連で3、7、8、1へ流す。

中山3R 2歳未勝利(芝1200m) コーデュロイ

 新種牡馬コマンズの産駒はいかんせん絶対数が少ないので、どうしてもサンプル自体も少なくなってしまう。中山芝1200mは先週までの時点で(1.1.0.3)で申し分のない成績。これをどう捉えるかが個人のセンスなのだろうが、この相手関係でこの人気。買うならばここでこそだろう。馬券は単複のみに絞って、当日の資金を作りたいところ。