23
August , 2017
Wednesday


(フィリピン)邦人男性、拉致される、マニラ、身代金目的か

2013年12月17日(火)11時18分更新
Pocket

フィリピンのマニラ首都圏パラニャーケ市で14日夜、中古自転車の販売・修理を営む40代の日本人男性スミ・ハヤトさん=漢字不明、本籍地・神奈川県=が、拳銃を持った数人の男に連れ去られたことが16日までに分かった。地元警察などが明らかにした。

スミさんの親族のフィリピン人女性に、500万ペソ(約1167万円)を要求する電話があり、警察は身代金目的の拉致事件とみて救出に全力を挙げるとともに、男たちの行方を追っている。

警察や一部の地元紙によると、スミさんは店の車庫内で、1人で仕事中だった。犯行グループの男らに拳銃で脅され、手や足を縛られたという。

店の前に止めてあったスミさんの車がなくなっており、警察は、犯行グループがスミさんを車に押し込んで逃げたとみている。

スミさんのフィリピン人の妻は当時、車庫の隣の事務所におり、異変を感じて車庫内に行くと、男らに同様に手足を縛られた。20~30分後、従業員に助けられ、警察に通報した。事務所や車庫裏の食事部屋などには従業員数人がいた。

スミさんは、数年前から店を始めたという。(共同)

 >バンコク週報より