23
November , 2017
Thursday


黒いパンティー3枚!拾われた野良イヌは変態犬だった

2013年12月20日(金)04時26分更新
Pocket

とぼけた顔した変態犬のバーニー

とぼけた顔した変態犬のバーニー

 英国・ロンドンの動物愛護団体に拾われた野良イヌはトンデモナイ“変態犬”だった!?

「バーニー」と名づけられたこのイヌ、スタッフォードシャー・ブルテリアという由緒ある犬種のオスで推定9か月。同市にある「バターシー犬猫ホーム」という施設に連れてこられた。

 はじめは何ごともなかったのだが、2日目に施設のスタッフは自分の目を疑った。なんと! バーナーのフンの中から黒い女性用パンティーが混ざっていたのだ。

 3日目には続けさまに2枚、3枚目の黒いパンティーがフンの中から…。

「バーニーはどうやってパンティーを盗んできたのか分からないが、パンティーを飲み込んだことは事実」と施設の獣医サム・バーレー氏は指摘。

「新しい飼い主がみつかれば、洗濯物には十分注意するよう伝える必要がありますね。特別に女性用のパンティーには」と付け加えた。

 世の中には、女性のシミ付きパンツが大好きな変態男がいるが、イヌの中にも同じような輩がいるようだ。