23
August , 2017
Wednesday


北京に登場!クレムリンをパクッた中央政府の新庁舎に国民も呆れた!?

2013年12月26日(木)05時18分更新
Pocket

見るからに安っぽい作りの北京版クレムリン

見るからに安っぽい作りの北京版クレムリン

 

こちらは本家本元のクレムリン

こちらは本家本元のクレムリン

 何でもパクリの中国で、今度は政府があの有名な外国政府の建物をモロパクリ。「この国の指導者は一体何を考えてんだ!?」と中国国内からも「呆れ果てた」という声が聞こえてくる。

 北京郊外に姿を見せたのは、ロシアの首都モスクワの中心にあるクレムリンそっくりの建物。正体は中央政府の新庁舎ビルだ。現地の報道によると、この建物の設計費は934万元(約1億6100万円)で、建設費は2125万元(約3億6700万円)だとか。

 外観は“チープなクレムリン”といった感じだが、内装にいたっては更に安っぽい作りで、まさに安普請。さすが何でもニセモノの国家を象徴する建物だ。

http://www.youtube.com/watch?v=abpa7Jb6Zj8