23
September , 2017
Saturday


ちょいワル予想【中山金杯】【京都金杯】

2014年1月4日(土)02時00分更新
Pocket

中山金杯(1月5日・中山11R)

混戦を断つ!ケイアイチョウサン◎

 逃げてこその馬が複数いてペースは平均以上。ケイアイチョウサンの末脚が生きるとみて◎。セントライト記念、菊花賞ではともに上がり最速で追い込みながら⑤⑤着にとどまったが、3走前のラジオNIKKEI賞では最内を割って出る器用さも見せており混戦は臨むところだ。前走福島記念では1番人気に応えられなかったディサイファだが、着差は僅かで巻き返しに期待の○。この距離は3戦して連体率100%のサクラアルディートが▲。近況充実のユニバーサルバンクに★。あとはセイクリッドバレー、サムソンズプライドら△の馬へ。

◎ケイアイチョウサン

○ディサイファ

▲サクラアルディート

★ユニバーサルバンク

△セイクリッドバレー

△サムソンズプライド

△コスモファントム

△カルドブレッサ


 

京都金杯(1月5日・京都11R)

ハンデ差と目下の勢いでオースミナイン◎

 昇級初戦でもハンデ54kなら目下の勢いを買ってオースミナインに◎。マイル戦は(3310)、京都芝コース(2211)と舞台設定も絶好だ。○にも上がり馬のサンライズメジャー。全5勝中4勝が京都コースでマイルも4勝と好走条件は十分。実績上位のマイネルラクリマ、ガルボはともにハンデ頭の58k。好位から抜け出してもやはり最後の詰めが甘くなりそうで▲★に止めた。あとは良血トーセンレーヴ、叩き2戦目のメイケイペガスター、気鋭の4歳馬プリムラブルガリス、ルメール騎乗のエキストラエンドまで。

◎オースミナイン

○サンライズメジャー

▲マイネルラクリマ

★ガルボ

△トーセンレーヴ

△メイケイペガスター

△プリムラブルガリス

△エキストラエンド