15
December , 2017
Friday


これも奇跡!? スウェーデンで20年前の盗難自転車が持ち主に

2014年1月6日(月)05時35分更新
Pocket

スウェーデンの自転車事情も日本と似ている

スウェーデンの自転車事情も日本と似ている

 スウェーデンの首都ストックホルムの郊外イェブレに住むカリーナ・ミューレンさんは警察から届いた1通の書面を見て、たまげた。20年前に盗まれた自転車を発見したから取りに来いというのだ。

 カリーナさんは最初「7年前に盗まれて届け出た自転車が戻ってきたのかな」と思ったという。ところがどっこい、発見されたのは、中学生の時に初めて買ってもらった3段変則の自転車だった。

 20年ぶりに再会した自転車のタイヤは前後ともにパンク。車体の色も別の色に塗り替えられていた。そんな“変わり果てた”自転車だったが、警察はフレームに記された製造番号により所有者を特定したという。

 実はカリーナさん、今回発見された自転車と7年前に盗まれた自転車以外にも、数台盗まれているというからビックリ。「少なくとも順番的には順当に返ってきたわ」とちょっぴり嬉しそう。

 日本でも自転車は、雨傘などと並び「誰でも一度は盗まれた経験があるモノ」トップアイテムの一つだが、欧州では治安のよさそうなスウェーデンでも自転車の盗難は同じらしい。