17
December , 2017
Sunday


弱った体にもってこい!「二十四節気の薬膳スープ」~磨由子のグルメ散歩~

2014年1月25日(土)04時38分更新
Pocket

 青山「Essence」は、本格的でありながらリーズナブルな薬膳中華レストラン。平日のランチタイムともなれば、2時をまわっても女性客で店内が賑わっている驚異の人気店だ。

 私がこの店で惹かれてやまないメニューが、ランチセットについて来る「二十四節気の薬膳スープ」。胃の調子がイマイチだな、疲れているな、風邪ひきそう、などと感じる時には、体が薬代わりにこのスープを欲してしまう。

 二十四節気とは、1年を24に分けて季節を表す、春分、夏至、大寒などの暦のことだそうで、その時々の体に滋養を与えるとされる食材で作られたスープがこれ。最近の一例を挙げれば、「白菜・スペアリブ・干しエビ・陳皮」という組み合わせがあった。気の循環を良くして、冬にダメージを受けやすい腎臓の機能を補う効果が期待できるのだという。

 ごくごく薄味なのに(「味がない!」と思う人もいるかもしれないくらい)、これほどに深い滋味を感じる料理はなかなかあるまい。おいしいばかりでなく、この1杯でしんどさの一番深いところが、本当にふっと楽になる。だからもう、このスープをすする時の気持ちと言ったら、「おいしい」を超越して、ほとんど「ありがたや~!」なのである。

 1000円の平日ランチでは、日替わりメイン料理と「二十四節気の薬膳スープ」にごはんがつくが、スープはゴマ風味の汁なし担担麺に、ごはんは雑穀米のお粥に変更できる。この雑穀米のお粥も私の大好物。量が多いので、スープとセットにするとお腹がチャポチャポになるけれど、これからも駆け込み寺として度々お世話になることだろう。

 

※お料理との出会いをより感動的にするため、写真はあえて載せません

 

東京都港区南青山3-8-2 03-6805-3905 東京メトロ千代田線・銀座線・半蔵門線 表参道駅、東京メトロ銀座線 外苑前駅(P無) 「二十四節気の薬膳スープ」 1000円(平日ランチセット価格)

 

大きな地図で見る