23
September , 2017
Saturday


ヘビメタのカリスマバンド、モトリー・クルーが今年ツアー終了後に解散

2014年1月29日(水)07時10分更新
Pocket

自分たちの〝墓石〟を前に解散宣言をするモトリー・クルー

自分たちの〝墓石〟を前に解散宣言をするモトリー・クルー

 あのヘビメタバンド、モトリー・クルーが今年ツアー終了後、ついに解散する! 米国・ロサンゼルスで現地時間28日、同バンドが記者会見を開き発表した。

 会見にはボーカルのバンス・ニール(52)、ベースのニッキー・シックス(55)、ドラムスのトミー・リー(51)とギターのミック・マーズ(61)の全員が出席。ステージには各メンバーの前に、名前と「R・I・P(安らかに眠れ)」と刻まれた墓石に見立てたオブジェが置かれた。

 1981年にロスで結成されたモトリー・クルーは「キックスタート・マイ・ハート」や「ホーム・スイート・ホーム」など、大ヒット曲を連発し、これまで世界でアルバム8000万枚を売り上げた。ヘビメタのカリスマとして33年間活動を続けてきたが今年、ファイナルツアーとして7月2日にミシガン州を皮切りに計72日の公演を計画。グラムロックのボーカリスト、アリス・クーパー(65)を特別ゲストに迎える。

 ツアー終了後「モトリー・クルー」という名前は完全消滅。会見でトミーは「全てのものには終わりがある。オレたちはいつもドカンと一発やって終わりにしようと考えてた。だから、今後どっか地方のフェスティバルやクラブで、元メンバー2~3人が集まって、“再結成”なんてことは絶対ない」と断言した。