17
December , 2017
Sunday


ちょいワル予想【根岸S】【シルクロードS】

2014年1月31日(金)02時45分更新
Pocket

根岸S(2月2日・東京11R)

ダート初戦の霜月S勝ちを評価、エーシントップ◎!

 ダート界の最近のトレンドは芝重賞実績馬の路線変更。今回も複数出走しているが、その中からNZTなど3勝を挙げているエーシントップを本命に抜擢する。ダート初戦は今回と同舞台の霜月Sだったが血統どおり適性十分の快勝だった。対抗はやはり芝重賞勝ち馬でダートでもすでにみやこS勝ち、JCダート4着の実績があるブライトライン。東京コースならアドマイヤロイヤルも▲以下には落とせない。特注は★立ち回りの巧さで全く崩れないノーザンリバー。以下スノードラゴン、ドリームバレンチノ、ゴールスキー、シルクフォーチュンらも差はない。

◎エーシントップ

○ブライトライン

▲アドマイヤロイヤル

★ノーザンリバー

△スノードラゴン

△ドリームバレンチノ

△ゴールスキー

△シルクフォーチュン


 シルクロードS(2月2日・京都11R)

決め手上位!プレイズエターナル◎

 破竹の4連勝でロードカナロアの後継馬との声も聞かれるレディオブオペラだが、ハンデ戦で55kの今回は文字どおりの試金石。敢えて単穴▲まで下げ、本命◎は同馬主の4歳牡馬プレイズエターナル。ここ3戦は1番人気を裏切っての②④③着だが、上がり32秒台の決め手は▲を上回る。同斤のここなら首位十分とみた。対抗○は2連勝で波に乗るバクシンオー産駒レオンビスティー。脚質に幅を広げたスギノエンデバーに特注★。実績上位マジンプロスパーはトップハンデが如何にも厳しく△まで。以下印の馬へ。

◎プレイズエターナル

○レオンビスティー

▲レディオブオペラ

★スギノエンデバー

△マジンプロスパー

△ストレイトガール

△シュプリームギフト

△アフォード