17
November , 2017
Friday


全米震撼!!19歳少女が連続殺人を告白「6年で22人以上を殺した」

2014年2月17日(月)02時56分更新
Pocket

大量殺人に関与したと激白したミランダ容疑者

大量殺人に関与したと激白したミランダ容疑者

 背筋が凍るような話だ。米人気出会い系サイト「クレイグズリスト」で知り合った男性を殺害したとして逮捕された19歳少女が、「13歳からこれまで22人以上を殺した」と供述し、全米を震撼させている。

 米国東部・ペンシルベニア州サンバリーで拘束されているのはミランダ・バーバー容疑者。昨年11月11日、同サイトで知り合った42歳の男性と会い、その直後に殺害したとされる。事件の数週間前に結婚したばかりの夫エリオット・バーバー容疑者(22)も共犯の疑いで逮捕された。

 サンバリーの拘置所でミランダ容疑者にインタビューした地元紙デーリー・アイテムによると、同容疑者は13歳の時、アラスカ州で悪魔を崇拝するカルトに入信。すぐに“処刑”の儀式に参加し、同州のほか、テキサス、ノースカロライナやカリフォルニアの各州でも殺害に関与したと激白した。

 供述の裏づけはまだされていないが、米連邦捜査局(FBI)のペンシルベニア支部は所轄のサンバリー署に事件の詳細を照会し、捜査に乗り出した模様だ。

 大量殺害を告白した理由について同容疑者は「そろそろ自白する時期だと思った。私の話を信じようが、信じまいが、私にとってはどうでもいい。ただ、すべてを吐き出したかった」と話している。また「22人までは数えていたが、その後は数えるのをやめた」とも。もし、同容疑者の供述通りだとしたら、米犯罪史上、最凶事件のひとつになることは間違いない。