17
November , 2017
Friday


イヌ族の反乱か?野良化したあのペット犬数十匹が町を乗っ取る!!【米国】

2014年2月19日(水)03時43分更新
Pocket

群れの1匹。わがもの顔で町を占拠している

群れの1匹。わがもの顔で町を占拠している

 米国・アリゾナ州フェニックス郊外の町が野良イヌの群れに乗っ取られている。昨年から数が急増し、数十匹がわがもの顔で通りを占拠。人間を見れば攻撃的になるイヌたちに、住民らは頭を悩ませている。ただしこのヤカラ、最小犬種として人気のチワワが野良になったもので、キャンキャン吠えるのが精一杯の“ザコキャラたち”だ。

 米ABCニュースやCNNによると、チワワは近年、米国で最も人気の犬種のひとつになっていたが、不況の影響でフェニックス近郊でもローンの支払いが滞り、家を差し押さえられるケースが続出。同町の住宅街でも空き家になった物件が多く、家を手放した元住人らが、ペットだったチワワを捨てていったのが原因だという。

 群れを作るのがイヌの生態。チワワも例外ではない。そのため、超小型犬といえども、万が一の事故があっては大変と、当局は住民に対し「庭などに野良チワワが入ってきたら閉じ込めて、保健所に連絡してほしい」と注意を呼びかけている。