18
August , 2017
Friday


米歌手クリス・ブラウンがリハビリを“卒業”!元服役囚らから祝福受ける

2014年2月27日(木)04時52分更新
Pocket

元服役囚の会から祝福を受けたクリス(中央)

元服役囚の会から祝福を受けたクリス(中央)

 傷害などで有罪判決を受けた米R&B歌手クリス・ブラウン(24)が、感情をコントロールすることを学習するため通っていたリハビリ施設を今週“卒業”した。

 クリスは2009年に、当時の恋人で歌手リアーナ(25)に殴る蹴るの暴行を働き、逮捕されて執行猶予付きの有罪判決を受けた。その猶予期間中の昨年10月、ワシントンで通りすがりの男性と口論になり、顔などを殴って鼻骨を折ったとして傷害容疑で再び逮捕された。

 ロサンゼルスの裁判所は同11月、90日間リハビリ治療を受けることを命じた。今月3日には、検事側がリハビリ治療のみの命令を不服として実刑を求めたが、裁判所は「リハビリ治療が良好である」として、請求を棄却した。

 そのおかげで無事、リハビリを終えたクリスは26日、犯罪から足を洗った“前科者”で作る「素晴らしい第2の人生を送る会」から表彰され「もオレたちの仲間になった」と祝福された。

 同会の幹部は「殺人を犯した元凶悪反犯でも第2のチャンスを与えられる。君ならなおさらだ」と褒められた。喜んでいいのやら、なんやら…。