19
October , 2017
Thursday


ちょいワル予想【アーリントンC】【中山記念】【阪急杯】

2014年2月28日(金)03時11分更新
Pocket

アーリントン(3月1日・阪神11R)

スピードの絶対値でミッキーアイル

開幕週でもあり狙いはやはり先行馬。マイル戦を3連勝中、前走のシンザン記念で早くもステークスウイナーとなったミッキーアイルのスピードが断然で不動の◎。スタート五分ならエイシンブルズアイが番手マークから直線勝負に出て対抗○。タガノ勢では重賞入着歴あるグランパに▲、ブルグに特注★としたが、前者は追い切り失速、後者には1ハロン延長に?と課題を残す。その間隙を突いての台頭があればアドマイヤメテオとマキャヴィティ。

◎ミッキーアイル

○エイシンブルズアイ

▲タガノグランパ

★タガノブルグ

△アドマイヤメテオ

△マキャヴィティ

 

中山記念(3月2日・中山11R)

マイペースの逃げ切り濃厚トウケイヘイロー

開幕週とはいえ中山の週末は雨予報。時計を要する馬場を想定し、渋馬場巧者トウケイヘイローの逃げ切りに本命◎。有馬記念で一線級に伍して4角先頭の見せ場を作ったカレンミロティックが指定席の2番手から流れ込みを図っての対抗○。天皇賞がともかく強かったジャスタウェイは小回りの1800mで脚を余しそうで▲まで。GⅠ2勝を含め中山3戦3勝のロゴタイプの復活に特注★。昨年の当レース①②着のナカヤマナイト、ダイワファルコン以下△印の馬を押さえる。

◎トウケイヘイロー

○カレンミロティック

▲ジャスタウェイ

★ロゴタイプ

△ナカヤマナイト

△ダイワファルコン

△マイネルラクリマ

△ダイワマッジョーレ

 

阪急杯(3月2日・阪神11R)

格上カレンブラックヒル、いきなりの復活!

未だに不可解なダート使いから4歳シーズンを棒に振ったカレンブラックヒルだが、元を正せばデビューから5連勝という離れ業をやってのけた天才マイラー。GⅠNHKマイルC勝ちの勲章もありここでは格上的存在だ。リフレッシュなればいきなりの復権も十分で本命◎。マイルCS③着のダノンシャークが当時より1k減の56kで対抗○。スプリンターズSでカナロアに1馬身差に迫ったマヤノリュウジンが手の合う丸田で単穴▲。走っても人気にならないガルボに特注★。逆に人気のコパノは57k、マークもきつくなりそうで押えの△に止める。

◎カレンブラックヒル

○ダノンシャーク

▲マヤノリュウジン

★ガルボ

△コパノリチャード

△プリムラブルガリス

△ラトルスネーク

△サンカルロ