16
December , 2017
Saturday


ウクライナのリアルバービー人形が極めた?“呼吸食主義”って何だ

2014年3月3日(月)03時49分更新
Pocket

シュールすぎるリアルバービーのバレリア

シュールすぎるリアルバービーのバレリア

 クリミア半島問題をめぐり、国家存亡の危機にあるウクライナ。だが、そんなキナ臭い話などどこ吹く風?同国の“リアルバービー人形”こと、バレリア・ルカノワ(23)が「どうやったらウエスト周りを超スリムに保てるか」でアタマを悩ませている。

 で、結論はこうだ。「食べなきゃOK」というもの。なんとも呆れたアンサーだが、ブレサリアニズム(呼吸食主義)と呼ばれる実に怪しいダイエットが存在するらしい。つまり、仙人のように霞だけを食べて生きてゆく方法なんだとか。

 バレリアは現在、この呼吸食の取り方を練習しているそうで、「ここ数週間、ぜんぜん空腹感がなくなったの。きっと呼吸食主義を極めてきたのかも」と自身のフェースブックに書き込んでいる。

 この呼吸食主義は、オーストラリア人エレン・グリーヴ(別名ジャスムヒーン)が主張した理論で「食べ物などは一切摂取しなくても生きていける」というキテレツなもの。グリーヴ氏は「リヴィング・オン・ライト―あなたもプラーナで生きられる」という本を出版して、2000年に「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられるイグノーベル賞を受賞している。

 こんな破綻した理論を実践していると主張するバレリア。「ワタシはエイリアン」とも話しているが、確かに見かけはエイリアンだ。

まさに人形だ…

まさに人形だ…