20
September , 2017
Wednesday


バラエティの一言は芸能人生を変える____女優・吉野紗香が語るテレビの裏側

2014年3月4日(火)04時00分更新
Pocket

よしのさん写真

先月、4年ぶりにバラエティ番組出演を果たした吉野紗香

 2月9日に放映された日本テレビ系列の「有吉反省会」にて4年ぶりにバラエティ番組出演を果たした女優の吉野紗香(31)。番組内では「毒舌キャラが仇となって周りから嫌われ、干された」と告白してその過去を反省したが、「医者でタレントとか兼業でやっているのとか、どうかと思う」など、相変わらずの毒舌っぷりを発揮。12歳のときにデビューし、「チャイドル」として一世風靡してはや20年近く。そんな吉野紗香が、芸能活動をふりかえった。

「もともと女優活動を軸にして、バラエティに出演させていただいたり、グラビアもやらせていただいたりしました。バラエティの場合、この人はボケ役でとか、この人はみんなの意見をまとめる役でとか、分かりやすく役割分担を割りふられる。私の場合、そのうち毒舌ってキャラが出来上がった。カンペも出て、その指示を受けて喋ったら盛り上がる。
みんな笑って、オッケーってなる。ドラマと同じ、吉野紗香という役を演じていたという感覚でしたね」

『ゼウスの法廷』(高橋玄監督)

最新出演作は3月8日(土)から全国公開される『ゼウスの法廷』(高橋玄監督)

 しかし、ドラマと違って、バラエティの場合は演出と本音の境目は分かりにくい。そこにバラエティの難しさがあると、吉野は語る。

「自分の発言が、番組で盛り上がってくれると嬉しいですよ。そこで言えるか言えないかで、売れるかどうか変わってくるのが芸能界なので。私はやっぱり売れたいっていう思いは強かったですね。ただ、その発言が世間で騒がれると、影響力の大きさに怖気づいて、そのうち話すのが怖くなってしまったところはあります」

 毒舌キャラを演じるのに躊躇したのが、バラエティから去った本当の理由だと振り返る。しかし、女優としては今もなおコンスタントにドラマや舞台、映画に出演しており、3月8日から全国公開される『ゼウスの法廷』(高橋玄監督)が最新出演作となる。これは日本の裁判システムに深く切り込んだ社会派映画だという。

「この映画では刑事被告人となるヒロイン(小島聖)の親友役を演じているんですけど、法廷で証人として出るシーンがあるんですね。そこで検事さんが、被告人の不利になるようなことを証言させようと仕向けてくるんですよ。自分としては被告人をフォローしようと思っているのに、それにのせられてしまう。そこは、バラエティの世界でも、自分としては盛り上げようと言ったことが、世間では吉野紗香があんなことを言っていたって騒ぎになることがあるので、似たところはあると思います」

バラエティの一言で芸能人生も変わった!?

バラエティの一言で芸能人生も変わった!?

 

  

 法廷の一言は、被告人の人生を変えるが、バラエティの一言は、芸能人生を変える。「女優」吉野紗香は、本音で語ってくれた。
(井川楊枝)

■3月8日(土)全国公開『ゼウスの法廷』公式サイト http://www.movie-zeus.com/