25
September , 2017
Monday


不倫の修羅場が原因?“生活苦”を主張するミス・ユニバース元妻を元夫で歌手マーク・アンソニーが無視する事情とは

2014年3月10日(月)03時22分更新
Pocket

仲睦ましかった頃のダヤナラとアンソニー

仲睦ましかった頃のダヤナラとアンソニー

 プエルトリコ出身の米ラテン歌手マーク・アンソニー(45)といえば、米国のセックスシンボル的存在の歌手ジェニファー・ロペス(45)の元夫としても知られるが、ジェニロペの前の嫁はなんと、1993年ミス・ユニバースのプエルトリコ代表で優勝者のダヤナラ・トレス(39)だ。「どれだけ色男なんだ!」と世も羨むばかりのモテッぷりだが、そんなアンソニーがダヤナラのあるトラブルについて、冷めた対応で突き放した。

 ダヤナラは子供2人の養育費として、アンソニーから毎月1万3000ドル(約134万円)を受け取っているが、「とても生活していけない」として11万3000ドル(約1165万円)に大増額するよう求めている。生活苦の根拠としてダヤナラは先日、家を売却し、アパートに引っ越したと主張している。

 これに対しアンソニーは「家を売ったのは生活苦が理由じゃないよ」と、事情を漏らした。

 それによると、ダヤナラはある既婚者の男性と不倫。それが発覚し、怒り狂った男性の妻がダヤナラの家に押しかけた。女性はダヤナラの家の前で拡声器を使い「この売女! 出て来い!」などと近所中に聞こえるよう、延々と怒鳴り散らしたという。それ以来、周囲からは白い目が向けられ、いたたまれずに家を売却、逃げるように引っ越したのだと、アンソニーが明かした。

 また、売りあせったため業者に買い叩かれ「ずいぶん損をしたようだ」とアンソニー。そのため養育費の増額を求めているのだとも。当然、ダヤナラは不倫騒動を否定しているのだが…。

こちらは2年前に離婚した前妻のジェニロペ

こちらは2年前に離婚した前妻のジェニロペ