26
September , 2017
Tuesday


◎血統予想 【中山11R・アネモネスS】【中京11R・中日新聞杯】【中山10R・サンシャインS】

2014年3月14日(金)01時12分更新
Pocket

【中山11R・アネモネステークス】

16頭中14頭が1勝馬というメンバーなら、アルテミスSを勝ってGⅠ阪神JFでも5着と健闘したマーブルカテドラルで負けられない。
「3年目のジンクス」で成績が落ちたダイワメジャーの3世代目としては今のところ唯一の重賞勝ち馬だ。
母のヘルスウォールはチューリップ賞に勝ち、桜花賞5着。4分の3同血の半兄アサクサダンディ(NZトロフィー3着、スプリングS4着)、伯母サラトガビューティ(デイリー杯3歳S、函館3歳S各2着)と仕上がり早の血統ではあるが、母の父が凱旋門賞馬のエリシオならば、成長力も十分見込める。

◎マーブルカテドラル
○ペイシャフェリス
▲カウニスクッカ
△アンジェリック
△ウエスタンメルシー
△ニシノミチシルベ

【中京11R・中日新聞杯】

◎レッドレイヴン
○ラキシス
▲フラガラッハ
△アンコイルド
△アロマカフェ
△ラブリーデイ

【中山10R・サンシャインステークス】

◎クリールカイザー
○マイネルメダリスト
▲トーセンアルニカ
△ブリッジクライム
△ヴァーゲンザイル
△クイーンオリーブ