26
September , 2017
Tuesday


◎血統予想 【阪神11R・フィリーズレビュー】【中山11R・中山牝馬S】【中山10R・東風S】

2014年3月15日(土)07時33分更新
Pocket

【阪神11R・フィリーズレビュー】

前走は牡馬相手の朝日杯に挑戦して10着に敗れたベルカント。相手も強かったが、距離も1ハロン長かった。
ファンタジーS勝ちの1400メートル戦なら見直す手だ。父がサクラバクシンオー、母は1200メートルで3勝を挙げたセレブラール(父ボストンハーバー)のスピード配合だけに、1400メートルでも距離が長い印象を受ける。
そこは祖母の父が「南半球のノーザンダンサー」の異名を持つサートリストラム、加えてノーザンダンサーの4×5のクロスがスピードに奥行きを与えているようだ。

◎ベルカント
○ホウライアキコ
▲エスメラルディーナ
△ヤマノフェアリー
△リアルヴィーナス
△アドマイヤビジン

【中山11R・中山牝馬ステークス】

◎ノーブルジュエリー
○エクセラントカーヴ
▲エバーブロッサム
△ノボリディアーナ
△フーラブライド
△アロマティコ

【中山10R・東風ステークス】

◎カオスモス
○コスモソーンパーク
▲シャイニープリンス
△チャーリーブレイヴ
△ワキノブレイブ
△ミッドサマーフェア