22
September , 2017
Friday


ちょいワル予想【フラワーC】【ファルコンS】【スプリングS】【阪神大賞典】

2014年3月20日(木)01時36分更新
Pocket

フラワーC(3月21日・中山11R)

距離延長はむしろ好材料!クリスマス◎

函館のデビュー戦を逃げてレコ勝ちしたクリスマスが前走の阪神JFではよもやの出遅れ。それでもメンバー最速タイの33秒6で④着まで押し上げた。馬体は420k台だが父が凱旋門賞馬パゴ、母父ステイゴールドの中・長距離配合で距離延長はむしろ好材料。ここは巻き返し必至の◎。札幌2歳Sでレッドリヴェールとクビ差の接戦を演じたマイネグレヴィルに○。ここ2戦の重賞で②③着と高レベルを維持しているニシノアカツキが▲。寒竹賞勝ちが鮮やかだったバウンスシャッセに特注★。以下△印が押え。

◎クリスマス

○マイネグレヴィル

▲ニシノアカツキ

★バウンスシャッセ

△ショウナンパンドラ

△マイネオーラム

△パシフィックギャル

 

 ファルコンS(3月22日・中京11R)

ここなら格上ショウナンアチーヴ◎

GⅠ朝日杯FS②着のショウナンアチーヴがここでは格上的存在。これまでの全5戦、③①③①②着とすべて馬券に絡んでおり、そのうち4戦で上がり3Fタイムがメンバー最速だった。3カ月ぶりでも軸不動の◎。アーリントンCでミッキーアイルの2番手追走から粘り込んだタガノグランパの自在性に○。500万条件戦の勝ちっぷりが印象的だったベルルミエールに単穴▲。京王杯2歳S勝ちカラダレジェンドはやや休養が長く★まで。以下キタサンラブコール、サトノルパン、ネロ、マキャヴィティまで。

◎ショウナンアチーヴ

○タガノグランパ

▲ベルルミエール

★カラダレジェンド

△キタサンラブコール

△サトノルパン

△ネロ

△マキャヴィティ

 

スプリングS(3月23日・中山11R)

鞍上強化で必勝態勢!クラリティシチー◎

セントポーリア賞で脚を余したクラリティシチーは皐月賞に向けて③着以上が絶対条件。東スポ杯2歳S③着からも能力上位は明らかで、鞍上強化して背水の陣で臨むここは本命◎。スタートに難はあるが共同通信杯の差し脚に地力強化を窺わせたベルキャニオンが対抗○。前走の抜け出しの脚に非凡さを見せたロサギガンティアがM・デムーロ騎乗で単穴▲。水仙賞の逃げ鮮やかだったナスノアオバに特注★。アジアエクスプレスは距離未知数と朝日杯の勝ちタイムに?が付き押えの△まで。

◎クラリティシチー

○ベルキャニオン

▲ロサギガンティア

★ナスノアオバ

△アジアエクスプレス

△ウインマーレライ

△ダイワリベラル

△サクラエール

 

阪神大賞典(3月23日・阪神11R)

長距離の逃げ馬バンデ◎

実績断然のゴールドシップだが有馬記念③着は1秒5の大差負けであることも事実。今季の始動戦となるここは様子見が妥当とみて単穴▲に止める。本命◎は長距離の逃げ馬バンデ。菊花賞③着で片鱗は見せていたが前走の準オープン圧勝でそれをより鮮明にした。ここは問答無用のロングスパートから押し切ると見る。大賞典と名のつくレースを3勝もしているヒットザターゲットが対抗○。上がりの掛かるレースだけに鞍上武豊のペース判断力が頼りになるのでは?菊②着、日経新春杯①着と充実著しいサトノノブレスが押え。

◎バンデ

○ヒットザターゲット

▲ゴールドシップ

△サトノノブレス