25
September , 2017
Monday


牛肉の旨味が凝縮!ド迫力の豪快「ローストビーフ」~磨由子のグルメ散歩~

2014年4月5日(土)04時45分更新
Pocket

 ローフードをファーストに提供するフレンチデリ「ターブルオギノ」が生まれ変わったと聞いて、再訪した。予約が取れないことで知られる本店「レストランオギノ」に一番長く勤めていたスーシェフが、この店でシェフに昇格したのだとか。

 メニュー表から、品目の数が絞られているのが見て取れる。字面を追ってみても、以前は感じられた食材の組み合わせや調理方法のブレが余り感じられない。棚に並んだ焼き菓子類も、焼き色やフレーバーのチョイスのバランスなどがセンスアップされ、全体にグッと引きが強くなった。

 うららかなこの日は、女3人で昼からワインで乾杯!この店は味がしっかりしているので、下戸でなければお酒を欲してしまうのだ。それに、300円多く払えばドリンクをワインにできる(しかもオーガニック。スパークリングもアリで+350円。)という“うれしい罠”が用意されているものだから、気を確かに持っていないとハマらずにはいられない。

 それぞれの料理を分け合いつつ、鹿肉カレーやらオリーブ入りソーセージやらを賞味した。今日イチは「ローストビーフのサラダ」!一瞬、呆気にとられるほどブ厚いローストビーフがベビーリーフの上に何枚も(「枚」より「個」の方がしっくり来るかも)。噛みしめるとじわっと牛肉の旨味が押し寄せる。また食べたいけれど、今度はいつお目にかかれるのやら。生の小松菜を香ばしいゴマとスライスオーモンド、パルメザンチーズで和えた「小松菜のアーモンドサラダ」も完成度の高い一品で、さっぱりしていてとてもよかった。

 ほぼ日替わりで次々に生み出される料理たちは逐一ブログにアップされる。翌日には、また別のそそられるメニューが載っていたりして、今回も、「うわぁ、食べたかった!この日にすれば良かったかも・・・」と思わず身をよじらせた。そうなることはわかっているのだから、必要外のチェックはしない方がいいとわかってはいるのだけれど。

 

 

※お料理との出会いをより感動的にするため、写真はあえて載せません

 

東京都渋谷区代官山町14-10 Luz代官山1F-2F ℡03-6277-5715 東急東横線 代官山駅(P無) プレートメニュー 980円~

 

大きな地図で見る