17
December , 2017
Sunday


「俺は免税だ!」コンビニで消費税支払い拒否し銃で脅した男逮捕【米国】

2014年4月15日(火)04時19分更新
Pocket

どうしようもないシェルトン容疑者

どうしようもないシェルトン容疑者

 日本でも4月から消費税が3ポイントアップし、各地で多少の混乱が報じられている。そんな中、米国では1ドル79セント(約182円)のペプシコーラを買った男が店員に「消費税22セント(約22円)いただきます」言われたことに腹を立て、「それならコレでも食らえ!」とばかり22セントならぬ22口径の自動小銃を取り出し「オレはな、免税なんだ!」と脅迫した。

 事件があったのは12日、シカゴ市内のコンビニ店。シカゴ市警によると、ナション・シェルトン容疑者(36)は消費税分の支払いを求めた店員に向かい、小銃を構えながら「アタマに3発ブチ込んでやる」とおどし「オレの言うことを聞かねぇと全員皆無殺しだ!」とすごんでみせた。

 そのうち通報を受けて駆けつけた警察官らに、ほどなく取り押さえられた容疑者は「ここはオレのシマなんだぞ。だからオレは免税なんだ!」と虚勢を張り続けた。

 事件の一部始終は店内の防犯カメラに記録されていた。容疑者は武器の不法使用や強盗傷害など5件の重罪に問われている。