15
December , 2017
Friday


ポールさん死亡で「ワイルド・スピード7」に弟2人が〝影武者〟出演!

2014年4月16日(水)03時49分更新
Pocket

在りし日のポール(右)と2人の弟コーディ(左)とケイレブ

在りし日のポール(右)と2人の弟コーディ(左)とケイレブ

 昨年11月にロサンゼルス郊外で交通事故のため亡くなった米俳優ポール・ウォーカーさん(享年40)。撮影中だった映画「ワイルド・スピード」シリーズ最新作で、取り残したシーンに実の弟2人が代役として本人の穴を埋めることになった。製作会社ユニバーサル・ピクチャーズが15日、明らかにした。

 ウォーカーさんが主演する「ワイルド・スピード7」は、この夏公開が予定されていたが、事故後、ユニバーサルは、同作品の撮影を中断。検討した結果「われわれに選択肢はない。ウォーカーさんの意志を継ぎ、作品を完成させてファンに提供することが唯一の道である」と結論づけた。

 このほど撮影を再開したユニバーサルは「ポールは既にドラマシーンとアクションシーンの大半の撮影を終えている」とし「少しだけ取り残した場面」を埋めるため、実の弟ケイレブさんとコーディさんが撮影に参加すると説明。

 同社はまた「ウォーカー兄弟を撮影現場に迎えることで、ポールが今もわれわれと共にいることを感じさせてくれている」と声明を出した。

 同作品は約半年遅れの来年4月、米国などで公開される。