26
September , 2017
Tuesday


G線上のホース フローラS 「東はハーツで西ディープ」

2014年4月26日(土)07時16分更新
Pocket

東京11R フローラS

イスラボニータの完勝に終わった皐月賞。当欄本命のアドマイヤデウスは明らかな地力不足でした(9着)。ディープインパクト産駒は馬券に絡まなかったものの、フジキセキ産駒はクラシック初制覇。今後の焦点は「イスラボニータはダービーで距離が持つのか?」。皐月賞未出走組の取捨等も踏まえて、本番までに頭の整理をする必要が有りそうです。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。ご参考下さい。
★★★★★…年間でも1~2鞍の大勝負。筆者も大枚を叩きます。
★★★★☆…半年に1度クラスの勝負。これを外すと年間収支に影響が。
★★★☆☆…月単位で見ても買いたい馬。筆者自身も結構入れてます。
★★☆☆☆…土日を通じて勝負可能なレース。一般的にこれがベース。
★☆☆☆☆…無理をして買わないが当日の中では推奨出来るレベル。

【推奨馬】マジックタイム 自信度★★★☆☆

◎マジックタイム
○ムードスウィングス
▲デルフィーノ
△イサベル
△ニシノアカツキ
△ハピネスダンサー

 現時点で桜花賞馬ハープスターの次走はオークスが濃厚で、2着馬レッドリヴェールはダービーも視野に入っている。いずれにせよレッドリヴェールのローテーションがこの春の2冠目を大きく左右することになりそうで次走情報には注意を払っておきたい。
 ハープスターに抵抗出来るかは考えず、ここは能力と血統面から素直にアプローチ。昨年はディープインパクト産駒のワンツー、10年はゼンノロブロイ産駒のワンツー、09年はアグネスタキオン産駒が2、3着と血統的な偏りが大きいレース。
 馬券圏内には絡んでいないものの、ここ3年で出走した4頭全てが人気以上の着順になっているのがハーツクライ産駒。今年は3頭が出走しており、どこからでも攻められるが桜花賞をスキップしたマジックタイムを推奨。前走のクイーンCは変則開催、雪の影響が残る馬場で差しての2着。これで左回りは(2・1・0・0)と典型的なサウスポーで東京開催に照準を合わせてきた。母タイムウィルテルは03年のフローラSで2着しており、重厚なスタミナも受け継がれている。ここの勝ちっぷり次第ではオークスも楽しみな存在になりそう。母母ファビラスラフインのムードスウィングス、東京の新馬戦が圧勝だったデルフィーノのハーツクライ産駒2頭が本線。馬券は馬連・馬単、◎○と◎▲からの3連複で組み立てる。

京都11R マイラーズC

【推奨馬】エキストラエンド 自信度★★☆☆☆

◎エキストラエンド
○フィエロ
▲オースミナイン
△ワールドエース
△レッドアリオン
△カオスモス
△カシノピカチュウ

 マイラーズCが京都で行われるのは今年で3回目。一昨年は前残りで、昨年は外差しと傾向が違っているので判断が難しい。2月以来の京都開催になるが、今年の京都芝マイル重賞(金杯、シンザン記念、京都牝馬S)は全てディープインパクト産駒が勝利。ひねらずに直球勝負。
 初マイルで重賞(金杯)を制覇したエキストラエンドは大幅にメンバー強化された前走の東京新聞杯でも堂々の2着。まだマイル経験が2走しかないものの、中距離で勝ちあぐねていた時とは全くの別馬で適性距離の証明に他ならない。人気を背負うが、余程の前残り馬場にならない限りはまず大丈夫。安田記念でどうかは保留するが、ここならまず好勝負。配当的妙味が無いので頭固定の券種で単勝、馬単、3連単で強気に攻める。

【若駒推奨馬】

東京6R 3歳500万下(芝1800m) レッドグルック 自信度★★☆☆☆

 大雪の影響をモロに受けた1回東京開催。絶対数が少ないにも関わらず成績が際立っていたのが「芝1800mでのメイショウサムソン産駒」。レースはいずれも違うが、8番人気3着(未勝利戦)、8番人気2着(未勝利戦)、9番人気3着(未勝利戦)、7番人気1着(メイクデビュー)と常識では考えにくいレベルで好走が目立っていた。冬の馬場が要因の可能性も有るが、今開催でも3歳戦に限らず「東京芝1800mでのメイショウサムソン産駒」には注目しておきたい。
 前走の中山でしっかり勝ち上がってきたメイショウサムソン産駒のレッドグルックがこの条件に出走。2月も好走した条件なので、ここでもの気持ち。血統的な相性と傾向を信じて勝負する。頭数が手頃なので単勝と馬単・3連単で7・3・6へ流す。

福島5R 3歳未勝利(芝2600m) アイリッシュギフト 自信度★☆☆☆☆

 世代唯一のAuthorized(オーソライズド)産駒がアイリッシュギフト。まだ日本では同馬を含めて7頭しか走っていないが、代表産駒は昨年の菊花賞3着のバンデ。バンデが2600m以上で3着内率が100%な様に、別の産駒オムニバスも芝2600mで一変し未勝利を勝ち上がった。今回のアイリッシュギフトはダート1800mから芝2600mの条件替わり。スタミナを武器にする血統だけに、ここは是非とも買っておきたい舞台。相手関係も楽な上、その相手も距離延長が有利に働くとも限らない。単複をしっかり買っておく。