17
December , 2017
Sunday


ブラジルの“清楚なシンデレラ歌姫”マガリャエス~世界のアイドル~

2014年4月28日(月)04時28分更新
Pocket

マガリャエスは作詞作曲もする

マガリャエスは作詞作曲もする

 6月にサッカーのブラジルワールドカップが始まることで、5月からは新聞も雑誌もテレビもラジオもブラジル特集を用意している。そのブラジルのミュージックシーンで、シンデレラストーリーを持つのが、シンガーソングライターのマル・マガリャエスだ。

 1992年8月生まれの21歳のマガリャエスは、ブラジルには珍しく肉感的というよりは、きゃしゃで清楚な美少女タイプだ。

 マガリャエスがまだ9歳の時、父親からギター、バンジョー、ウクレレなどを習い、12歳の時には自分で作詞作曲をしていたという。若いのに憧れの対象はボブ・デュランに、トム・ウェイツ。フォークとロックとボサノバが入り混じった独特の音楽世界を構築していた。


 2008年、15歳の時、芸能界に何のツテもコネもなかった少女は、音楽を中心
にしたSNS「マイスペース」に自作の4曲を発表。わずか2か月で50万アクセ
ス。ブラジルの主要メディアに取り上げられ、その年にCDデビュー。翌年はセカン
ドアルバム、2011年にサードアルバムをリリースしている。

 まさに、現代の“音楽版シンデレラ”といったところだ。

清楚な女の子のマガリャエス

清楚な女の子のマガリャエス

サードアルバムに収録されている「Pitanga」
https://www.youtube.com/watch?v=21_6ZQgN_FY

デビューアルバムに収録されている「Make It Easy」
https://www.youtube.com/watch?v=brOnT94J24c#t=37

公式サイト
http://www.mallumusic.com.br/

フェイスブック
https://ja-jp.facebook.com/mallumagalhaes