17
December , 2017
Sunday


大地震の直後アカプルコ上空に現れたUFOの目的は…

2014年4月28日(月)04時31分更新
Pocket

メキシコで目撃されたUFO

メキシコで目撃されたUFO

  今年4月18日、メキシコのアカプルコでマグニチュード7・2の地震が発生したが、その直後、奇妙なUFOが撮影されていた。

 映像UFOは、こまめに方向転換しながら、アカプルコの街の上を飛んでいる。このUFOには、翼やプロペラがない。地球上にある既成の飛行物体とは異なる推進力、飛行システムを持っているのだろうか。

 世界中で、UFOは一大イベントや大災害時に目撃されることが多い。オリンピックの開会式やローマ法王の戴冠式などでUFOが出現・撮影されたのは本紙でも何度も報じている。

 一方、地震やハリケーン、台風、火山の噴火などの自然災害の前後にもUFOが多数、目撃・撮影されているのだ。災害時は、被災された関係者に対して不謹慎にならないよう、本紙でUFOのことをほとんど報じていないが、実は〝出ている〟ことが多い。

 UFO研究家は「地球を揺るがすことが起きる時、UFOは必ずその事象と地球人がどんなリアクションを起こすかを観察しているんです。なぜなら、エイリアンが地球人と接触するタイミングを模索するため、人類の心理を研究しているからです」と指摘する。

どんな推進力で飛んでいるのか?

どんな推進力で飛んでいるのか?

https://www.youtube.com/watch?v=EfP9VOVp