24
September , 2017
Sunday


珍品展示物が満載! 「ニコニコ超会議3」

2014年4月28日(月)08時00分更新
Pocket

 26、27日の2日間に渡り、千葉県の幕張メッセで「ニコニコ超会議3」が行われ、のべ12万人を超える来場者が訪れた。

IMG_0480

 本イベントはニコニコ動画ユーザーが集まるコアユザー向けのイベントという印象が強いが、それだけではなく、普段はあまり見ることのできない展示部を見ることができる。

IMG_0040

IMG_0038

IMG_0019
 自衛隊のブースでは陸上自衛隊が最新攻撃ヘリの「AH-64D アパッチ・ロングボウ」を展示。ブースの担当自衛官の話では、本機は、駐屯地以外のイベントでは殆ど展示することのないという。今回はニコニコ動画の運営が幕僚に交渉して実現したとのことで、担当者は、「展示するからと命令がありまして、霞ヶ浦航空学校から幕張まではヘリを飛ばしてきて、駐車場に着陸し、その後会場に牽引してきました」と語った。

 IMG_0075

 IMG_0062

IMG_0058

 他にも、「超宇宙ブース」ではJAXA協力の元、ロケットの先端部品のフェアリングや、ロシアの有人宇宙船、「ソユーズ」のパーツ展示を行い、「超深海ブース」では有人潜水調査船「しんかい6500」の展示や解説トークショーなども行われた。

 IMG_0473

 来場者も大型展示物の迫力に圧倒されたようで、静岡県から訪れた30代男性は、「しんかい6500も凄かったですけど、解説を聞いて深海探査がいかに大変なのかを知りました」とコメント。自衛隊ブースにいた40代の都内在住の男性は、「アパッチがこんなに近くで見れるのは駐屯地のイベントとかでも少ないので結構貴重ですよ」と答えた。

 

 今回は前回以上に規模の大きい展示物が揃ったが、次回以降はどうなのだろうか、前回も10式戦車を出展し話題となった陸上自衛隊のブース担当者に話を聞いたこところ、「私の口からはなんともいえませんが、ニコニコ動画さんから相談があれば、また何か展示すると思いますよ」とコメント。来年の展示にも期待したいところだ、(マサ)